【オメガ】【時計】【腕時計】【新品】週末限定特価★オメガ スピードマスター レジェンド レーシングミハエルシューマッハ 321.30.44.50.01.001 クロノメーター ブラック メンズ【あす楽対応】【楽ギフ_包装】【楽ギフ_のし】【腕時計】【時計】

【オメガ】【時計】【腕時計】【新品】週末限定特価★オメガ スピードマスター レジェンド レーシングミハエルシューマッハ 321.30.44.50.01.001 クロノメーター ブラック メンズ【あす楽対応】【楽ギフ_包装】【楽ギフ_のし】【腕時計】【時計】

直径40mmを超える存在感があるケース。ブラック文字盤に蛍光塗料を施したシルバーの指針、アラビアとバーインデックスを配置。12時位置にブランドロゴとクロノメーターであることを示す刻印。3時位置に30分計、6時位置に12時間計と日付表示、9時位置にスモールセコンドを搭載。艶ありのシルバーケースに同色のリューズを使用。着脱が簡単なプッシュ式の片開きバックル部分にはブランドロゴを刻印。艶あり艶なしを組み合わせたシルバーブレス。裏蓋はバックスケルトンで一体一体異なる固有のシリアルナンバー、振り子にはブランドロゴを刻印。 メーカー品番321.30.44.50.01・・・ブランドウォッチ ブルークの商品はコチラ

¥315000

2009年08月31日

ソフトバンクで身につけた仕事術は生きる、のココが気になる! (ITmedia エンタープライズ)

以下、(ソフトバンクで身につけた仕事術は生きる(ITmedia エンタープライズ) より引用)



 2001年6月8日夜8時。日本橋箱崎町のとあるビル。わたしの目の前、2メートルくらいのところに「孫正義」が立っていた。当時のわたしにとっては、孫社長というよりも、「雲の上の人、孫正義」である。その孫正義が、目と鼻の先に立ち、これから始めるADSL事業について、熱く語りはじめた。


 わたしの著書『ソフトバンク流「超」速断の仕事術』(ダイヤモンド社)の「はじめに」は、このように始まります。


●孫正義はスーパーマン?


 「孫正義」といえば、わたしが出会う直前までナスダックジャパンの創設や、日本債券信用銀行(現:あおぞら銀行)買収などで有名だった、テレビの向こうの人であり、雲の上の存在でした。


 孫社長には5分以内の時間しかもらえないとか、すべての判断は5分以内だといった逸話しか聞いていないわたしでしたが、その日からしばらくの間は、一日15時間以上孫社長と一緒に過ごすことになります。


 経営者の悪口を言う会社員は少なくありませんが、孫社長の周りの人たちも例外ではありませんでした。ですが、目の前にいる孫社長は、悩み、笑い、ときには怒り、普通の人と変わらないように見えました。


 しかし、ひとたび聴衆を前にプレゼンテーションを始めると、そこはスーパープレゼンテーターです。聴衆を笑わせ、惹きつけてしまいます。わたしたちも、時として聞き入ってしまいそうになります。ステージの下にいる社員ももちろん、孫社長のプレゼンテーションを聴いていなくてはならないですが、聞き入っていてもいけないわけです。


 ソフトバンクは、発表会経営などと揶揄(やゆ)されたこともありますが、孫社長が「やる」と決めたことはやり遂げる実力が社員にはあります。最近では、ベンチャー経営者が社員に不満を持っている話を聴くことが多いのですが、もっとも多い不満は「社長が決めたことを社員がやらない」ということです。


●社員にも責任はある


 最終的には経営者が責任を取るのが会社であるわけですが、プロセスにおいては社員にも十分責任は存在します。「はい」と言っていたのにやらない。これは、責められてもしょうがないところです。しかし、実社会においては、「はい」と言っていたのにやらない社員も少なくないようです。


 わたしたち社員が考えなくてはならないことは次の通りです。


・1.「はい」と返事をした事実


・2.「はい」と返事をしたのに、できていない事実


・3.「はい」と返事をしたのに、できていない理由(原因)


・4.「はい」のゴールを達成するために必要なこと(リソース、スキルなど)


・5.「はい」のゴール達成までのマイルストーン


 社員だから何でもやらなくてはいけない、というものではないと思います。しかし、それが会社の求める方向性である以上、どうすればできるのかを考えなくてはなりません。もし、自分が適任でないのであれば、勇気を持ってその旨を申し出る必要があります。出来ないのだから出来ない、なぜならこういう理由だからということを伝えるということです。


●やり遂げるロジックを考える


 一度引き受けた以上は、何としても達成することを考えるべきだと思います。自分一人で出来ないのであれば、どういう人材がいれば良いのか、何ができる人が必要なのか、それは何人くらい必要なのかです。


 わたしが一緒に仕事をした人の中にも、むやみやたらと人数を増やそうとする人がいます。「10人必要です」「100人必要です」といった具合に、切りの良い数字で報告してきます。しかし、それは鵜呑みにせず、数字の根拠について聞いてみることが大切になります。「誰が」「何を」「どのように」するから、だから何名必要である、といったように、です。


●コミュニケーションパスは最小限にする


 わたし自身、ソフトバンク時代には、初めてやることが多かったのが本当のところです。だから、何名必要だと聞かれても、速やかに答えることは困難です。こういう場合は、まず考え得る仕事を整理し、そこに必要な最小限の人数をリクエストします。


 人は多くなれば多くなるほど、コミュニケーションパスが増えます。コミュニケーションパスは、増えれば増えるほど時間がとられるものです。3人なら3本しか存在しないコミュニケーションパスも、10人になれば10×(10-1)÷2=45本になってしまいます。これでは、効率の良いコミュニケーションは難しいし、ちょっと集まるにも、時間の調整が必要になってしまいます。


 であれば、必要な人間を必要最小限に集めて、その人間が最大限のパフォーマンスを発揮できるようにするのが効率の良い仕事の進め方であるということです。


●仕事は並行して進める


 わたしは、当時ソフトバンクグループのJV(ジョイント・ベンチャー)として立ち上がったイー・コスモ(現M SOLUTIONS)に入社後、経理部長、管理本部本部長、開発本部本部長、システムソリューション部部長、経営企画室室長、技術本部本部長といった役職を歴任してきました。その間に、2001年にYahoo!BBを始めたビー・ビー・テクノロジー(現ソフトバンクBB)のオペレーション本部企画部長として、お客様の申し込み前から、申し込み手続き、開通、請求、支払い、そしてコンタクトセンターといった、あらゆるオペレーション業務に携わってきました。


 どこにいたときも、1つの役割だけを担っていたわけではなく、並行して担当してきました。「1つずつやるほうが良い」という声がありそうですが、それにはあえてこう説明したいと思います。


 並行して仕事を進めることになると、プライオリティ(優先順位)が重要になります。1つだけのときとは、頭の使い方が変わってくるんです。プライオリティをつけても、次が待っていることに変わりはありませんので、終わったらすぐ次に着手します。そして時間の使い方も、分刻みとは言わないまでも、15分刻みで物事を考えるようになります。つまり、頭の働かせ方が変わってきます。



引用はここまでです。







ソフトバンク流「超」速断の仕事術

ソフトバンク流「超」速断の仕事術


1か月かかる仕事を1週間でやり遂げる! 著者:大木豊成出版社:ダイヤモンド社サイズ:単行本ページ数:192p発行年月:2009年07月【内容情報】(「BOOK」データベースより)たびたび繰り返される方向転換、会議の進め方、リスク回避、判断から実行までのスピード感。1か月かかる仕事を1週間でやり遂げるソフトバンク流「超」速断の仕事術。短期間に大規模プロジェクトを次々に実現させた潔い判断と深いコミュニケーションについて明かす。【目次】(「BOOK」データベースより)第1章 これは今日中、こっちは今晩中。それは明日の朝まで!/第2章 たびたび指示が変・・・楽天ブックスの商品はコチラ


¥1500












━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
もう難しい英語の文法を覚える必要はありません。
英会話スクールに通う必要もありません。
なぜなら・・・
ある秘密を知るだけで、英語は話せるようになるからです。
4年間で9ヶ国語をマスターした多言語翻訳者が
↓↓↓英語を最短で覚える英語勉強法を公開!↓↓↓

.TOEIC980点獲得!30歳からできたラクラク英語マスター法。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

「AdWords Automatic」 〜アドワーズ集客で新しい収益の柱を、いつでも自動的に作り出す手法〜

posted by メタボリ王子 at 23:26 | Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。